php note



 

PHP Note(トップページ) > 01.基本構文 > 01.はじめの一歩 > PHPでの必須の書式







[Note] PHPでの必須の書式

Linuxであれ、Windowsであれ、PHPでプログラミングをするのが、初めての場合はいろいろとまどうかと思いますが、最初にこれだけは覚えておきたいですね。ここでは、PHPの実行環境の構築が終了して、さて実際にPHPをつかってみるぞというところからはじめます。
まず、PHPのファイルは一般的に拡張子「.php」で用意します。任意のテキストエディタでかまいません。そして、中身をどうするかというと、以下の様にすることが必要です。

<?php

何かコードを書く

?>

上記のように、必ず「<?php」と「?>」で挟みます。

もしくは、短い場合は以下のように1行にまとめる書き方もあります。そして、これが複数行続いてもかまいません。

<?php 何かのコード ?>
<?php 何かのコード ?>

一般にPHP単独で独自のサイトを構築した場合は、複数行をまとめて「<?php」と「?>」で挟むケースが一般的です。しかしながら、最近、流行しているCMSのワードプレスなどのテンプレートでは上記のような1行でまとめた表現を多くみかけます。また、フレームワークで開発をした場合にも、1行コードのような形式をみかけます。

これは、以下の理由によります。
「.php」のPHPファイルは非常に便利で、PHPファイル中にHTMLをそのままベタ打ちしても、それがブラウザに出力されます。ですので、基本的な部分をHTMLとして作成して、部分だけをPHPで動的に出力することも可能なわけです。
つまり、以下のようなコードが可能です。

<html>
・・・中略
<body>
はじめまして。<br>
これは私のホームページです。

あなたは、<?php (カウンターからの出力) ?> 番目の訪問者です。

このホームページはPHPについて書いています。
・・・中略
</body>
</html>

上記は、基本的にはHTMLで作成されたコンテンツですが、その中に色付き文字で示したようにPHPコードを挿入することが可能です。このような流儀で作成されたPHPコードは、5行くらいのコードの最初と最後を「<?php」と「?>」で挟めばよさそうなものが、わざわざ1行コードが連なっている場合もあります。しかしながら、動作としては一緒であります。もちろん上記のようなHTMLの中に「<?php」と「?>」で複数行を挟んだPHPコードを挿入することも可能です。複数個所に挿入してもかまいません。

まとめると、拡張子「.php」ファイルの中で「<?php」と「?>」で挟んでPHPコードを書く。そしてHTMLをそのまま打ち込んでも表示可能。この2点を覚えておいてください。

※上記、サンプル中の「何かのコード」や「カウンターからの出力」は、当該箇所にPHPにて何らかのコードを記述するという意味で、上記の日本語をそのまま入力してもエラーになります。念の為。







[ カテゴリ一覧 ]

 |  01.基本構文  |  02.基本的な関数  |