php note



 

PHP Note(トップページ) > 02.基本的な関数 > 03.ディレクトリ処理 > ディレクトリ内のファイル一覧を表示する!







[Note] ディレクトリ内のファイル一覧を表示する!

基本的なディレクトリ(フォルダ)操作である、ディレクトリ内のファイル一覧の表示を行ってみましょう。これには「opendir」関数と「readdir」関数という2つの関数を用います(「closedir」関数も「opendir」関数と無条件でセットで用います)。また、ファイル一覧を「表示」する部分に何か任意の処理を書けば、様々な応用が考えられますので、覚えておいて損はないかと思います。

以下がサンプルです。

<?php

 $dir_name = “/var/www/html/”; //ディレクトリ名を変数に代入。Windowsならば”C:~”。
 $dir_handler = opendir ($dir_name); 
  //ディレクトリへのハンドラ(ファイルのポインタみたいなもの)へopendir関数によりデータを渡す
 
 while ($file_name = readdir ($dir_handler)) { //ディレクトリへのハンドラから次々とファイル名を読む
    echo “filename :: “.$file_name.”<br>\n”; //当該ファイルに関する処理。この場合はファイル名を表示
 }
 closedir($dir_handler);
?>

という具体になります。$dir_handlerに読み込んでいるディレクトリのハンドラの情報からファイル名を呼び出していますが、これはファイル名が存在すればTUREになりますので、これがFALSEになるまでwhille文で繰り返すという処理になっています。ただし、例外として「0」という名称のファイルがある場合には、そこでFALSEを返してしまうので注意が必要です。

出力結果は以下のようになります。

filename :: .
filename :: ..
filename :: test.csv
filename :: test2.csv
filename :: test3.csv
filename :: test.pdf
filename :: test.txt
・・・






[ カテゴリ一覧 ]

 |  01.基本構文  |  02.基本的な関数  |